留学前産経オンライン英会話1ヶ月の感想【DMM英会話との違いは?】

産経オンライン英会話レビュー記事DMMとの比較サムネイル画像

2018年8月まで1年間留学されていた地球まる子さん。留学前に、DMM英会話と産経オンライン英会話を合計4ヶ月間、ほぼ毎日受講されていたとのことです。産経オンライン英会話について、DMM英会話との違いを含め感想を寄稿いただきました。

レビュアー:地球まる子
性別(年齢):女性(38
学習歴:約2年
受講時の英会話スキル:自己紹介と趣味について話せる程度

経験したオンライン英会話:産経オンライン英会話
カリキュラム:1日1レッスン(25分)
受講期間(回数):1ヶ月(ほぼ毎日)

※そもそも、産経オンライン英会話ってどんなオンライン英会話?という方は「産経オンライン英会話の紹介」を参考にしてください。

オンライン英会話を受講するきっかけ

1年間海外へ英語の語学留学に行くと決めたものの、義務教育以外の英語を学習した経験がほとんど無く、英語を話すきっかけも無かったので留学前に慣れておこうと思いオンライン英会話を受講しました。

産経オンライン英会話を選んだ理由

初めの3ヶ月はDMM英会話受講していました。

申し込んだ海外旅行保険からのメールで産経Online英会話が通常1ヶ月5,980円(税込)のところを今だけ1ヶ月980円で受講できるとのキャンペーンがあり、申し込みました。

受講する前と後の英会話スキルの変化

既にDMM英会話を受講していたので、オンラインでの英会話には慣れていました。

産経Online英会話受講1ヶ月での大きな変化、というのはありません。

オンライン英会話を受講した4ヶ月の前と後の変化という点では、自己紹介の練習や自分の趣味のように決まった文しか言えずいつも話題を講師任せで受け身だったところが、自分から先生の趣味や先生自身について質問をしたり、自分から積極的にフリートークをするようになりました。

間違っていても一生懸命伝える努力をするようになり、英語で会話する事への抵抗が少なくなりました。

万国共通で盛り上がる話題は、恋愛トークです!!笑

どんなに英語が乏しくても、恋愛トークはワクワクしますし、めちゃくちゃ盛り上がるのでフリートークで話題に困った時にはおすすめです!(もちろん先生によりますが、20代の女性講師は恋愛トークに応じてくれる可能性大です)

産経オンライン英会話の良い点・悪い点

講師を選ぶ方法、講師の情報、予約方法、レッスンでSkypeを用いるところ、教材、レッスン後のアドバイス等、ほぼDMM英会話と仕組みは同じです。

講師はほぼ全てフィリピンの方なので先生も日本についての知識があります。アニメや音楽等、話題に困る事は少ないです。

先生になる為の試験等をクリアした方が講師となっているので、先生の質もDMM英会話のフィリピンの先生と同等です。

ただ、フィリピン人の講師としか話せないのと、24時間対応では無い(最終24:30~のレッスン)ところはマイナスポイントだと思います。

カリキュラムについて

予約をする時点で選べます。受講者のニーズによってフリートーク、日常英会話、ビジネス英会話、TOEIC 等充実しています。

教材について

先生が独自に用意してる場合もありますし、フリートークの場合はほぼ完全に自由に話をします。また、学校教科書準拠、TOEIC等の試験対策の対応も可能です。

講師について

国内のオンライン英会話では初めてISOを取得したそうです。

詳細は分かりませんが、価格・サービス(講師の育成と学習教材)等にも国際基準の評価をいただいていうだけあり、DMMより劣っているということはありません。

予約時、先生の経歴や趣味、得意教科、話者のレベル対応度等が確認できます。

なので、フリートークの場合は、面白い趣味や経歴の先生を見つけてその事を話題にすると話が弾んだりします。

基本的にはどの先生もレベルは同じでした。人気の講師はなかなか予約が取りづらいのはDMMも産経も同じです。

システムについて

本格的な申込みをする前に、2回の無料体験レッスンが出来ます。この体験後に続けるか否か決められるので良いと思います。

レッスンスケジュールの表示の仕方、予約方法等ほぼDMMと同じですが、口コミや評価が見られないので先生を決めるのにプロフィールを確認する必要がある為、決めるまでにより時間を要する場合があり、多少煩雑です。

評価
カリキュラム
(5.0)
教材
(5.0)
講師
(3.0)
システム
(4.0)
総合評価
(4.0)

これからオンライン英会話を始めようと思っている方へのアドバイス

毎日少しでも英語に触れる時間を設ける事が、英会話上達の為に大事だと思います。

オンライン英会話は英会話スクールよりも気軽で、しかも自分の都合に合った時間と先生を選べるうえに、マンツーマンでレッスンが受けられるのが良い点だと思います。

それと、申込みも退会も気軽にできる点も良いと思います。

産経Online英会話もDMM英会話もその内容と仕組み、料金等ほぼ同じです。

大きく異なるのは講師の在籍数とその国籍です。産経はほぼ全てフィリピンの講師ですが、DMMは色んな国の講師が揃っており、中には今まで聞いた事もないような国の講師もいました。

オンライン英会話は自宅に居ながら異文化交流もできるし、何より会話を楽しめる良いツールです。一つの国だけになってしまうと、そういう楽しみが半減してしまう気がします。

そいういう点では、DMMの方が講師が充実しており、飽きずに楽しめると思います。料金が同じなら、あえて産経Onlineを選ぶ理由が見つかりません。

どのオンライン英会話もそうですが、違う先生を毎回選ぶのも楽しくて良いのですが、1回目は自己紹介等でほぼレッスンが終わる事もあります。

同じ先生で2回目以降の会話が本番だと思いますので、2回、3回と同じ先生での会話に挑戦してみてください!


2種類の教育ISO!産経オンライン英会話
産経オンライン英会話のロゴ画像

最安プラン:5,980円/月 講師(数):フィリピン(400人以上)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です